Make your own free website on Tripod.com
11月3日(月)

送りバントで世界一

 昨日、日本のプロ野球チーム、巨人の川相昌弘選手が、世界タイ記録を樹立しました。彼が世界のトップに立ったのは、送りバントの成功回数。もともとバントというのは卑怯な作戦という認識がありますが、チームの危機を克服するために、当然かつ絶対に必要な作戦として昇華しうるものです。彼はいつもこんなことを言っていたそうです。「犠打は自分を捨てる任務だが、自負心だけは捨てない。」
 バントには2種類あります。奇襲バントは主に、足の早いバッターが、打撃が振るわなかったり、守備の虚を突いて、自分が生き残るために、奇襲でバントを打つものです。一方、送りバントは、すでに塁に出ているランナーを次の塁へ送り出して点を取るために、自分を殺して先行走者を生かすものです。一つは自分を生かすための任務であり、もう一方は仲間を生かす任務なわけです。自分が生きることがチームを生かす場合もありますが、残念なことに、奇襲バントの成功率はそう高くありません。自分が生きようとすることが、チームにダメージを与える場合が多いのだそうです。けれども、仲間を生かす任務は、成功率が高いのです。
 川相選手を見て、自分を殺す任務に忠実であるだけでも世界一になれることを学びました。先行走者を次の塁に進める任務、自分はアウトになるけれども仲間を生かすことで、身を結ぶ(点を取る)任務、何と魅力的なことでしょうか。自分を捨てる任務ではあるけれど、自分が無になる任務ではあるけれど、私の属する共同体が生き抜くことであり、他の人を助けることなのだったら、喜んで、そして、楽しんで行いたい。そして、それを行っていることへの自負心は捨てたくない。私たちも一緒に「送りバント」で世界を制覇しましょう。(訳:尾崎)

キム・ドヒョン / 読者エッセイ

祈り:

私がここまで来られたのは神様の恵みであることを告白します。自惚れることなく謙遜に、この場所に立ててくださったみこころを成し遂げさせてください。豊かに暮していても貧しい人を見守る目を、お与えください。


11月7日(金)

人生でいちばん幸せなとき

 アメリカのソプラノ歌手マリアン・アンダーソンは、黒人であり、歴史上偉大な声楽家の一人と記録されている女性です。彼女はトスカニーニから、1世紀に1度出るかどうかの美しい声との賛辞を贈られ、ルーズベルト大統領と英国国王のためにホワイトハウスで個人コンサートを開いたこともありました。また彼女はワシントンにあるリンカーン銅像の下(もと)、米合衆国の国会議員をはじめとする、8万人を超える群衆を前に、公演もしました。このように声楽家として最高の地位をおさめたマリアンに、あるオペラ専門記者がインタビューを請いました。そして予定された質問を始めました。
「あなたの人生の中でいちばん幸せなときはいつでしたか」
 もちろん記者は彼女の答えをすでに予想していました。マリアンの公演では欠かさず取材をしてきた記者は、彼女が公演を終えて感涙にむせぶ瞬間を、すべて記憶していたからです。前もって答えに見当を付けていた記者は、すでに次の質問を書いたメモを取り出していました。ところが、まったく意外な答えが彼女の口から出たのです。マリアン・アンダーソンは、そっと微笑んで、こう言いました。
「私の人生でいちばん幸せだったのは、もうこれからは人種による差別待遇を受けずにすむと、年老いた母に伝えたその瞬間です」(訳:尾崎)

いっしょにいると心の安らぐ人 / イー・チャンフン

祈り:

人の外見や、持ち物、出身などで品定めする、よくない癖があることを告白します。すべての人が神様の形を具えた存在であることが分るようにしてくださり、その高貴さを認める者にならせてください。


11月13日(木)

苦しみに翼をつけて

 わが子の余命が長くないことを医者に告げ知らされて、私たちはマークを家へ連れて帰りました。復活祭の朝、妻はマークに、天国と天使たちとイエス様について、話してやりました。そして、もうすぐ天国へ行ったら、そこでお父さんお母さんを待っているのよと、涙をこらえて言いました。マークはお姉さんのところへ言って、こっそり言いました。「ぼくね、はねが生えるんだよ!」日に日にマークは食欲を失い、だんだん痩せていきました。ある日、マークは急に腕をばたつかせて泣き叫びました。「見えない! 目が見えないよお!」私たちは涙をこらえて、なぐさめてやりました。「マーク、天国に行ったら、天使たちがおまえを抱いてイエス様のところへ連れて行ってくれるから、そのときまた見えるようになるからね……。」
 私たちは、マークが本当に勇気あるいい子で、お父さんお母さんはマークを息子に持って本当にうれしいと言ってあげました。しかしマークは「ちがうよ」と言って、時々自分が私たちを困らせたことを謝りました。マークは死ぬ日、たくさんの吐血をしました。しかし私たちが「死の影の谷を歩むとも……イエスはわれらの羊飼い」と賛美を歌うと、「うん、そうだね」とはっきり言いました。私は、天国へ行きたいかと尋ねました。「うん。」遅れないうちに、別れの挨拶をしなければなりませんでした。「お母さん、笑って。」「さよなら、マーク。」「さよなら。」そしてマークは何も見えない目で、まるで天国を見あげているかのように、空の方を指さして見つめていました。「マーク・ジョン、マーク・ジョン!」マークは自分の名前を呼びました。まるで、イエス様の呼ばれる声に、ついて言っているようでした。やがて、ついに最後の息を引き取りました。死と苦しみは、マークの体を支配しましたが、マークの魂は勝ったのです。自分の苦しみに翼をつけて天へ上げ、天国を望む信仰で、おそれずにその道へ進んで行きました。(訳:尾崎)

おそれをこえて / ジョン・クリストフ・アーノルド

祈り:

神よ、あなたは言葉で言い表せないほど美しいお方です。私が元通りあなたの美しい形を取り戻せるようにしてくださり、私を削り整えみがいてくださるという事実が分るようにしてください。




バントの種類を調べてみたら、2つではなくて、けっこういろいろあるそうです。送りバントの他に、スクイズ、ドラッグバントド、セーフティバント、プッシュバント、バントエンドラン。それから、これはバントではないのですが、走者を盗塁させるためにわざとバントの構えをして、投球が来る直前で構えを解き、バットを引くという戦法もあるとか。他にもあるかもしれませんね。

翻訳しながらあれこれ調べてみると、私が受け持った部分だけでも、毎回必ずと言っていいほど、原文に間違った記述を発見します。ルターがラテン語(だけ)から聖書をドイツ語に翻訳したとか、ガリレイが地球は丸いと言って宗教裁判にかけられたとか。調べ切れなかった部分でも間違いはけっこうあるかもしれません。直すこともありますが、今回はそのままで行きたいと思います。

野球用語を調べるには下のサイトが役に立つかも。ただし英和です。
http://www.mikio-e.com/baseball/